シマボシレストレーションセラムの安全性

成分効果や副作用の危険度は?シマボシレストレーションセラムの安全性をリサーチ!

 

この記事ではシマボシレストレーションセラムの安全性について調べた結果をまとめています。

 

シマボシレストレーションセラムは副作用の危険度が低い美容液ですが、どんな成分が使われているのか気になっている人は、この記事の内容をしっかり確認しましょう!

 

成分名 効果 副作用の危険度
不純物を取り除いた清潔な水を使用しています。肌への浸透性が高いく、肌の状態を整える効果もあります。
プロパンジオール 植物デンプンを発酵させ、得られた炭素数が3であるグリコールの一種で、高い保湿効果があります。
ペンチレングリコール 有機物に含まれる炭化水素と蟻酸からなる多価アルコールで、保湿性と抗菌性に優れています。
ヒト脂肪細胞順化培養液エキス 人間の幹細胞を培養したときに分泌されるペプチド成分を生成したものです。肌の細胞活性化効果があります。
オリゴペプチド‐24 肌の表皮から真皮にまで速やかに浸透し、肌の柔軟性・弾力を高め、肌の老化と脱水を改善させる成分です。
オリゴペプチド‐34 炎症を多角的に抑えながらメラニンの発生を根本から抑制することによって美白効果を発揮します。
オリゴペプチド‐41 ストレスやUVなどの環境的要因から引き起こる毛母細胞へのダメージを防止する成分です。
アセチルヘキサペプチド‐8 オリゴペプチドの一種です。.表情のしわを改善する成分で化粧品成分として人気が高まっています。
ヘキサペプチド‐33 肌細胞を効率よく活性化し、コラーゲンや組織修復力を高め、老化により低下した細胞力を引き出します。
デカペプチド‐4 細胞活性化効果があります。また髪や頭皮の健康効果を狙ってシャンプーやなどにも使用されています。
パルチミン酸アスコルビルリン酸3Na 皮膚細胞上でのビタミンC変換率が高く、かつ皮膚浸透性が高いという特徴があります。
加水分解コラーゲン 主な成分はタンパク質です。保湿力に優れているため、肌はもちろん、頭皮や髪の毛までも潤す力があります。
カルボキシメチルヒアルロン酸Na 一度抱えた水分を離しにくく、潤いを一日中補給する成分として、化粧品全般に配合されます。
加水分解ヒアルロン酸 酵素などを使い、ヒアルロン酸を加水分解したもので、分子量が1万分以下と低分子で粘性が低いのが特徴です。
セラミドNG 角質層の水分保持、皮膚pH調整、水分蒸散防御、皮膚正常化、肌荒れ進行抑制効果があります。
セラミドNP 肌の保護・保湿・柔軟性を与えるなど多彩な作用を持ち、化粧品全般に配合されている成分です。
セラミドAP 角質層のバリア機能を担っているとても重要な成分です。肌の保護・保湿・柔軟性を与える作用があります。
アデノシン環状リン酸 白色結晶性粉末です。皮膚細胞の新陳代謝を活性化したり皮膚の炎症抑制効果などがあります。
ヒメフウロエキス 収れん作用や弱い利尿作用、止血、粘液 分泌抑制、治癒促進作用がありスキンケア全般に使用されます。
ビルベリー葉エキス 美白・抗酸化作用の他、微小循環改善作用があり、皮膚コンディショニング剤として使用されています。
セイヨウオオバコ種子エキス オオバコの種子から抽出したエキスで、抗酸化作用、皮膚粘弾性の低下改善作用があります。
オウゴン根エキス コガネバナの周皮を除いた根から抽出されるエキスで、保湿目的で使用しています。
水添レシチン 卵黄から抽出されたリン脂質に水素添加して安定させたもので、天然由来の界面活性剤として使用されています。
フィトステロールズ 大豆やトウモロコシといった植物から抽出したステロールの総称で、エモリエント作用などがあります。
オリーブ果実油 主成分はオレイン酸です。酸化しにくく、肌になじみやすく、うるおい感を与える成分です。
(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル 植物油を加水分解したものと植物デンプンを発酵させたものから生成した乳化剤です。
1.2-ヘキサンジオール 保湿剤として使用できるニ価のアルコールで、抗菌性に優れており、防腐・殺菌目的にも使用可能です。
BG 皮膚に対すり刺激がなく、適度の抗菌力としっとりとさせる保湿性目的で配合されています。
トロポロン 強い抗菌活性と広い抗菌スペクトルがあります。製品自体の抗菌・防腐作用として使用されています。
ポリソルベート60 乳化、可溶化、分散作用があります。医薬品にも使用される界面活性剤で、安全性の高いものです。
カブリリルグリコール 軽い感触を有することから、エモリエント成分、ヘアコンディショニング成分としてスキンケア化粧品に配合されます。
キサンタンガム 乳液などに配合すると液体の粘度を上げて保湿性を高めることができるので、肌のしっとり感を向上させます。

 

副作用の危険度:当サイトの基準で掲載

 

シマボシレストレーションセラムに含まれる成分調べてみました。

 

効果と副作用の危険度も一覧にまとめたので参考にしてみて下さい。

 

見てわかる通りシマボシレストレーションセラムには危険な成分は使用されていませんでした。

 

敏感肌の方が気になる、香料・着色料・鉱物油・合成防腐・界面活性剤・シリコン・エタノール・パラベンなどは無添加となっています。

 

またレストレーションセラムは、国内のGMP認定工場で、医薬品レベルの管理のもと製造されているので、安心安全な商品なんです!

 

敏感肌の私もシマボシレストレーションセラムを使っているのですが、肌がヒリヒリしたり炎症を起こすことは一切ありません!

 

シマボシレストレーションセラムの購入を検討中の方は、私の口コミ体験談を読んで参考になさってみて下さい♪

 

>>シマボシレストレーションセラムの口コミ体験談を確認!