賃貸の保証料というのは減額が出来ない?

キャッシングベスト3

賃貸契約の時に保証会社はどういう役割を持っていますか?

アパートやマンションの賃貸契約の時に、初期費用に入っているのが保証料なんですけれども、これって削ることは出来ないんでしょうか。保証会社に支払っているというように聞いたんですが仲介会社の人たちは全くと言っていいほどこれを削るという話は出てこなかったのです。

どうして保証料を払わないといけないのでしょうか、これで一体何をしているというのか、それを知りたいです。本当に必要な物なんでしょうか。

必要な人もいれば必要ない人もいるのが賃貸の保証

どうして保証がひつようなのか、それは人によって必要な人もいれば不必要な人もいて、実際には保証料を払っていないという人も多くいるのです。なぜかといえばそれは保証人なども関係してくるのですが家賃が払えなくなるという可能性を下げるためにこれらが存在しているのです。つまり、保証料を支払うというのは信用が低いということでもあります。

例えばですが親などに保証人になってもらっている人であれば、あまり賃貸の保証料を払っている人はいません。親が十分稼ぎが合ってお金を持っている場合には保証料を払わなくても大丈夫なのです。逆に友達などを保証人にしている場合には保証料を取られることになるでしょう。数万円かもしれませんが、節約したい人は信用度の高い人を保証人にするという方法がおすすめです。

またこの保証会社が何をしているのかというと、賃貸で毎月の支払を滞らせないようにしているのです。毎月の家賃を払わない人がいたとした場合、その賃貸を持っている人からするとすごいマイナスになってしまいます。そういう場合に備えて保証会社は納められている保険料から、お金を渡すようになっているという仕組みなのです。

こういう仕組みはそこまで知られていないために、保証会社にお金を払うのがあたりまえだと思っていたり、そのお金がどういうことに使われているのかがあまり理解されていないということもよく起こりがちです。しかし保証会社は必要な人と必要ない人がいますし、賃貸において初期費用を少しでも負担したくないなら、よく調べておいたほうがいいでしょうね。

賃貸の物件探しでは保証会社が必要かどうかを確認しましょう

賃貸のマンションやアパート、あるいは一戸建て住宅を探すときには予算を決めてから探す事が多いです。敷金や礼金など、最初にまとまった資金が必要になることが多いでしょう。この資金計画を立ててから探すのが基本となってくるのですが、このときには保証会社を使わなければならないのかを確認しておく必要があります。これで初期費用が変わってくるからです。

使わなければならないことが多くなってきています。恐らくですが、家賃の支払いが滞ってしまう人が多くなってきたからだと考えられます。大家さんとしては、確実に家賃収入を欲しいと思っているわけですから、滞納されるリスクを抑えるためにこのような条件をつけていると考えられます。ここ最近の経済状況を考えれば、あり得ることだと言えるでしょう。

また、過去に滞納したことがある人を排除するためという目的もあります。地域的なつながりがあれば入居者を信用できるのかどうかが分かりますが、今はその様な次代ではありませんから、大家さんとしても判断する事が難しくなってきているのです。これを判断するためのものだとも考えられるのです。

どちらにしても、保証会社を使わなければならないとなっているときには、料金を支払わなければなりません。これは、大家さんに支払うわけではなくて、別に契約をすることになります。そして、大家さんが行う審査とは別に審査を受けることが必要となります。その審査に通らなければ、もちろん契約をすることはできないでしょう。ですから、二重で審査を受けなければなりません。

問題となるのは料金です。賃貸の契約をするときには、それだけでも最初にまとまった資金が必要となるわけですが、それに加えて料金を支払わなければなりません。その相場はというと、2年契約の場合には、2年間で1万円程度であることが多いですが、物件によってはもっと高い場合もあります。契約期間や物件の種類によっても異なりますが、ワンルームであれば契約期間で1万くらいだと考えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 《優良会社満載!》愛知の優良消費者金融紹介ならこちら! All Rights Reserved.